南野拓実ら6選手当確!?カタールW杯日本代表メンバーを英メディア予想
拡大する(全1枚)

 日本代表率いる森保一監督はFIFAワールドカップ・カタール大会を今年11月に控える中、欧州視察を行っている。その中、英メディア『Four Four Two』が19日、カタールW杯本大会の日本代表メンバーを展望している。

 国際サッカー連盟(FIFA)はカタールW杯本大会出場メンバーの登録期限を10月20日に設定しているが、『Four Four Two』は日本サッカー協会(JFA)が今年7月を目途にメンバーを固めると予想。ただ、W杯の出場登録選手数は従来の23人から26人に拡大される可能性が伝えられており、日本をはじめ多くの出場国は出場登録選手数に関するFIFAの公式発表前に最終メンバーを発表するものとみられる。

 『Four Four Two』はカタールW杯出場をほぼ確実にしている選手を6名列挙。リバプール所属のFW南野拓実(27)について「ミナミノは今シーズン、リバプールで出場機会に恵まれていないが、日本代表には欠かせない存在であることに変わりはない。彼はフィットしている限りカタールW杯のメンバー入りが保証されている」と説明している。

 つづいて「原口元気柴崎岳はメンバー入りを確信できるだろう。長友佑都吉田麻也はベテラン・ディフェンスコンビは、森保一監督のチームにとって重要な存在だ」と2018年のロシアW杯のメンバーだった4選手をピックアップ。

 そしてヴィッセル神戸所属のFW大迫勇也(31)についても「彼も(カタールW杯出場が)確実だ。彼はサムライブルーで先発出場する可能性が高い」と説明。本大会でも不動のストライカーとして重要な役割を担うという見解を示している。