「中国勢の凋落ぶりは…」ACL出場枠縮小を韓国メディア指摘「タイや香港に抜かれる」
拡大する(全1枚)

 今季のAFCチャンピオンズリーグ(ACL)東地区グループステージに参戦した中国クラブは、ここまでほぼ全ての試合で敗れていることにより批判を浴びている。そんな中国勢について、韓国メディア『スター・ニュース』はアジアサッカーにおける将来的な地位低下の可能性を指摘している。

 中国スーパーリーグ(中国1部)では山東泰山、上海海港、広州FC、長春亜泰の4クラブが今季のACL出場権を獲得。しかし、長春亜泰は財政難の影響もあり先月1日にACLプレーオフ出場辞退が正式決定。くわえて上海海港は中国政府の「ゼロコロナ政策」により上海市内がロックダウンとなったことから、タイ遠征が不可能に。今月11日になって上海海港の参加辞退が公式発表されている。

 そして広州FCと山東泰山はACLグループステージに参戦しているものの、ほぼ全員が10代後半から20代前半と若手主体のメンバー構成に。中国メディア『荊楚網』は「ACLに参戦したクラブは帰国後、21日間の隔離を受けなければならない。中国スーパーリーグはもともと4月22日に開幕する予定だったので、中国スーパーリーグの円滑な運営のため、ACLに参加するクラブは若い選手を派遣することにした。リザーブチームの選手が出場し、選手の育成という目標が明確になっている」と解説していた。

 すると広州FCはグループステージ4試合終了時点で全敗、得失点差-21と最下位に低迷。山東泰山もライオン・シティ・セーラーズFC(シンガポール1部)相手に引き分けたものの、1分3敗とすでにグループステージ敗退が確定している。