2022年夏の欧州移籍市場。ビッグクラブへの移籍が確実な注目3選手
拡大する(全4枚)

欧州では2021/22シーズンも終わりに近づき、話題になるのは移籍市場ネタであるが、来2022/23シーズンに向けてそろそろ各クラブ動き始める時期に差し迫っている。11月下旬に開催されるFIFAワールドカップ・カタール大会を前に迂闊に移籍を決断しにくい中で、今夏の欧州移籍市場はどのような動きを見せるのだろうか。

今夏の移籍市場を賑わすこと間違いなしの注目3選手について『Sky Bet』のオッズを参考にしながら紹介していきたい。オッズの結果は、日本時間2022年5月1日17:00時点の結果を参考にしている。

2022年夏の欧州移籍市場。ビッグクラブへの移籍が確実な注目3選手

アーリング・ハーランド

2019年に開催されたFIFAU-20ワールドカップで、ホンジュラス相手にたった1試合で9ゴールを上げ世界的に知名度を高めたノルウェー代表FWアーリング・ハーランド。今2021/22シーズンもボルシア・ドルトムントの絶対的なエースとしてゴールを量産しているが、21歳という若手ストライカーの獲得を渇望するクラブは絶えず存在している。2シーズン連続でブンデスリーガ20ゴールを達成したハーランドは今後の未来も明るいことだろう。

▼移籍先オッズ
マンチェスター・シティ:1.03倍
レアル・マドリード:13倍
バイエルン・ミュンヘン:21倍
バルセロナ:26倍
リバプール:34倍

ハーランド獲得をめぐり様々なアピール合戦が行われているが、現時点ではマンチェスター・シティが獲得に向けてリードしている印象だ。セルヒオ・アグエロ(現バルセロナ)の退団以降、大型ストライカーの獲得をテーマとしているシティにとっても今回のハーランド獲得は最適と考える。順応性、得点力に優れた若武者の次なる新天地は一体どこになるのだろうか。


この記事の画像

「2022年夏の欧州移籍市場。ビッグクラブへの移籍が確実な注目3選手」の画像1 「2022年夏の欧州移籍市場。ビッグクラブへの移籍が確実な注目3選手」の画像2 「2022年夏の欧州移籍市場。ビッグクラブへの移籍が確実な注目3選手」の画像3 「2022年夏の欧州移籍市場。ビッグクラブへの移籍が確実な注目3選手」の画像4