日本代表、ブラジルにAマッチ初勝利なるか。過去の激闘を振り返る
拡大する(全4枚)

6月6日に国立競技場にて、サッカー日本代表がブラジル代表と対戦すると発表された(キリンチャレンジカップ2022)。FIFAランキング23位の森保一監督下の日本は、これまでA代表(フル代表)では1度も勝ったことのない同1位ブラジルを相手に、どういった試合を見せられるだろうか。

ちなみに直近のブラジルとの対戦は、ヴァヒド・ハリルホジッチ監督が日本代表を率いていた2017年11月10日(スタッド・ピエール=モーロワで開催された親善試合)。この時はDF槙野智章が得点を挙げるも、1-3で敗れている。

ここでは、新たな国立競技場で初の試合となる強国ブラジルとの一戦に向け、過去の対戦において日本が見事な戦いぶりをみせた2試合を振り返りたい。

日本代表、ブラジルにAマッチ初勝利なるか。過去の激闘を振り返る

1996年アトランタオリンピック第1節「マイアミの奇跡」

前述したように、年齢制限のないフル代表で日本がブラジルに勝利したことはない。それでもフル代表に最も近い、23歳以下の五輪代表は白星を記録している。1996年7月21日。アトランタ五輪男子サッカー競技に出場した日本は、初戦でブラジルと対戦した。

この大会のブラジルの監督はA代表のマリオ・ザガロ監督が兼任し、A代表にも入っていたロベルト・カルロスロナウジーニョ、ジュニーニョ・パウリスタ、サヴィオ、フラビオ・コンセイソンらがメンバー入り。さらにオーバーエイジ枠でベベット、リバウド、アウダイールを加えた豪華布陣を揃え、優勝候補筆頭と言われていた。


この記事の画像

「日本代表、ブラジルにAマッチ初勝利なるか。過去の激闘を振り返る」の画像1 「日本代表、ブラジルにAマッチ初勝利なるか。過去の激闘を振り返る」の画像2 「日本代表、ブラジルにAマッチ初勝利なるか。過去の激闘を振り返る」の画像3 「日本代表、ブラジルにAマッチ初勝利なるか。過去の激闘を振り返る」の画像4