久保建英は放出候補か!レアルの補強をスペイン紙展望「3選手退団は確実だが…」
拡大する(全1枚)

 RCDマジョルカ所属の日本代表MF久保建英(20)は、今季終了後にレアル・マドリードへ復帰する可能性が伝えられている。その中、スペイン紙『アス』は1日、レアル・マドリードの補強計画に関する特集記事を掲載している。

 同選手は昨年の東京五輪男子サッカー競技終了後、レアル・マドリードからRCDマジョルカへ1年レンタルにより再加入。一時負傷により戦列を離れていたが、昨年11月末に復帰するとルイス・ガルシア前監督のもとでコンスタントに先発起用されていた。しかし、3月下旬に元日本代表監督のハビエル・アギーレがマジョルカ指揮官に就任すると先発での出場機会が減少。今月1日開催のラ・リーガ第34節・バルセロナ戦でもベンチスタートとなっていた。

 そんな久保建英の去就については、レアル・マドリードの専門サイト『デフェンサ・セントラル』が3月の時点ではウェールズ代表FWガレス・ベイル(32)の後釜としてレアル・マドリードに復帰する可能性があると報道。その一方でカルロ・アンチェロッティ監督の構想に入っていないことから、レアル・マドリードが完全移籍での放出に踏み切る可能性も伝えられている。

 その中、『アス』は「レアル・マドリードが求めている3人の新戦力と3人の退団選手」という見出しのもと、レアル・マドリードの補強計画について紹介。今夏加入が予想される3選手にパリ・サンジェルマン所属のフランス代表FWキリアン・ムバッペ(23)、チェルシー所属のドイツ代表DFアントニオ・リュディガー(29)、ASモナコ所属のフランス代表MFオーレリアン・チュアメニ(22)の名前をあげている。