名古屋以外のJリーグ勢からも関心!?ノルウェー代表FW巡る争奪戦激化か
拡大する(全1枚)

 ハンガリー1部のフェレンツヴァーロシュTCに所属するノルウェー代表FWトクマック・グエン(28)は、明治安田生命J1リーグの名古屋グランパス移籍の可能性が伝えられているが、どうやら他のJリーグクラブも同選手の獲得を狙っているようだ。9日、オランダメディア『SPORTNIEUWS』が伝えている。

 左ウイングを本職とするグエンはノルウェー国内の複数クラブをへて、2019年2月にフェレンツヴァーロシュTCへ加入。2019/20シーズンに左サイドでレギュラーに定着すると、2020/21シーズンにはUEFAチャンピオンズリーグ・グループステージでユベントスやバルセロナなどと対戦している。

 また、今季もここまでリーグ戦32試合中26試合に先発出場して9ゴール6アシストをマーク。グエンの活躍もあり、フェレンツヴァーロシュTCは国内リーグ4連覇を成し遂げている。

 そんなグエンの去就については、名古屋グランパス移籍の可能性を日本国内の一部メディアが先月に報道。名古屋グランパスサポーターからは、ドーピング検査陽性によりサッカー活動禁止処分中であるポーランド代表FWヤクブ・シュヴィルツォク(29)退団の可能性を懸念する声が上がっていた。

 一方、ハンガリーメディア『csakfoci』は先月下旬、エールディビジ(オランダ1部)のフェイエノールトが選手サイドにオファーを提示した報道。そしてハンガリーメディア『Nemzeti Sport』は選手サイドがサウジアラビア国内クラブやスュペル・リグ(トルコ1部)のベシクタシュからのオファーを断ったと伝えている。