札幌移籍報道も…ムアントン幹部がタイ代表MFの去就に「来年浦和へ…」
拡大する(全1枚)

 明治安田生命J1リーグの北海道コンサドーレ札幌は、タイ・リーグ1(タイ1部)のムアントン・ユナイテッドに所属するタイ代表MFウィーラテップ・ポンパーン(25)の獲得が噂されていた。しかし、ムアントン・ユナイテッド幹部がこれを否定。浦和レッズへ移籍する可能性があることを明かした。12日、タイ紙『タイラット』が伝えている。

 ウィーラテップの去就については、「Jリーグの幹部がウィーラテップの獲得をJリーグクラブに提案している」と昨年12月にイギリスメディア『90min』のタイ版が報道。獲得を狙っているクラブ名こそ明らかになっていなかったが、タイ国内では同選手のJリーグ挑戦の可能性が噂されていた。

 一方、北海道コンサドーレ札幌はクラブ幹部がタイに入国すると、タイ代表MFスパチョーク・サラチャット(23)を半年間のレンタル移籍により獲得することでブリーラム・ユナイテッドと今月11日に合意している。

 タイメディア『デイリーニュース』は11日、北海道コンサドーレ札幌の幹部が近日中にもムアントン・ユナイテッドと会談を行うと報道。スパチョークと同様、ウィーラテップについても半年間のレンタルによる獲得を狙っていると伝えていた。

 すると、ムアントン・ユナイテッドの幹部は国内メディアのインタビューで「我々はウィーラテップのJリーグ挑戦を以前から計画している。ただ、(Jリーグ挑戦の時期は)来年であり、浦和レッズが最初のクラブになるだろう。我々は彼を1年間のレンタルで日本へ行かせるつもりだ」とコメント。パートナーシップの覚書締結先の浦和レッズへウィーラテップを移籍させることを明らかにしたのだ。