守護神は誰!?カタールW杯日本代表、正GK候補総まとめ
拡大する(全5枚)

サッカー日本代表の正ゴールキーパー(GK)といえば、どの選手を思い浮かべるだろうか。

日本が初のワールドカップ出場を果たした1998年のフランス大会以降、長期間に渡ってGK川口能活、GK楢崎正剛というレジェンド2人がゴールマウスを守ってきた。その後、2010年の南アフリカW杯、2014年ブラジルW杯、2018年ロシアW杯と直近の3大会では、GK川島永嗣が跡を継いでいる。

では昨今の日本代表正GKといえば?2022年11月21日に開幕となるFIFAワールドカップ・カタール大会(カタールW杯)を控え、そのポジションを争う候補選手たちについてまとめていく。

守護神は誰!?カタールW杯日本代表、正GK候補総まとめ

権田修一清水エスパルス

カタールW杯アジア最終予選では、日本が本大会出場を確定させたオーストラリア戦(3月24日、2-0)までの全9試合にスタメンフル出場し、正GKの大本命となっている権田修一。日本のGKとしてはまだまだ少ない海外移籍経験もある最有力候補だ。

ポルトガル1部のポルティモネンセでプレー(15試合出場)し、昨2021シーズンからJリーグ(清水エスパルス)に復帰した権田。チームは下位に低迷するも、安定したセービング能力を発揮している。

過去のW杯ではいずれも出場機会を得られず、大舞台での経験値という面では不安が残る。とはいえ、経験では他の多くの候補選手も条件は同じ。現時点ではやはり、最も本大会の正GKに近い存在と言えよう。

川島永嗣(ストラスブール/フランス)


この記事の画像

「守護神は誰!?カタールW杯日本代表、正GK候補総まとめ」の画像1 「守護神は誰!?カタールW杯日本代表、正GK候補総まとめ」の画像2 「守護神は誰!?カタールW杯日本代表、正GK候補総まとめ」の画像3 「守護神は誰!?カタールW杯日本代表、正GK候補総まとめ」の画像4
「守護神は誰!?カタールW杯日本代表、正GK候補総まとめ」の画像5