南野拓実にプレミア昇格組移籍説が!「リバプールは彼の売却を…」
拡大する(全1枚)

 日本代表FW南野拓実(27)は、今季終了後のリバプール退団が濃厚とみられている。同選手の新天地候補にはリーズ・ユナイテッドをはじめ複数クラブが挙がっているが、プレミアリーグ昇格クラブに移籍する可能性もあるようだ。

 南野拓実は昨年7月にレンタル先のサウサンプトンからリバプールに復帰したが、今季もここまで公式戦8試合の出場にとどまっているほか、プレミアリーグではスタメン出場がない。また、4月5日開催のUEFAチャンピオンズリーグ準々決勝1stレグ・ベンフィカ戦でのベンチ入りを最後に公式戦全試合でメンバー外となっている。

 同選手の去就を巡っては、今年1月にリーズ・ユナイテッドやリーグアン(フランス1部)のASモナコなどがリバプールに対して獲得の打診を行ったものの、リバプールはオファーを却下。

 ただリバプールでの来季構想外が報じられると、リーズ・ユナイテッド移籍の噂が再燃しているほか、ボルシア・ドルトムントやラツィオも移籍先候補に浮上。リバプールがフランス代表MFオーレリアン・チュアメニ(22)の獲得を狙う中、南野拓実を交換要員としてモナコに放出する可能性も伝えられている。

 その中、リバプールの専門サイト『Rousing The Kop』は今年1月にリバプールからボーンマスへレンタル移籍したDFナサニエル・フィリップス(25)に注目。ボーンマスでレギュラーに定着しているほか、今季終了後にボーンマスへ完全移籍する可能性があることを主張している。