【2022】J3リーグ全18クラブ別、選手市場価値ランキング
拡大する(全6枚)

2022明治安田生命Jリーグ夏の登録期間(移籍ウィンドー)が近づいており(7月15日~8月12日)、各クラブは強化すべきポジションに向けて選手獲得の準備を進めていることだろう。

J3リーグの選手にとっては上のカテゴリーへとステップアップする大きなチャンスともなる期間を前に、ここではJ3リーグ全18クラブ別の選手市場価値ランキングを紹介しよう(データはTransfermarktより。日本円は5月16日時点のレート換算)。

最も高い市場価値の選手が揃っているのは、昨シーズンにJ2から降格した松本山雅(合計約8億円)。一方、最も低いのは2017年にJ3に参入したアスルクラロ沼津(合計約2億円)となった。

関連記事:【2022】J2リーグ全22クラブ別、選手市場価値ランキング

アスルクラロ沼津

市場価値合計額:2億1,700万円
市場価値平均額:1,000万円

アスルクラロ沼津選手市場価値ランキング(日本円)

  • 渡邉りょう(FW):3,000万
  • 菅井拓也(MF):2,000万
  • 佐藤尚輝(MF):2,000万
  • 藤嵜智貴(DF):2,000万
  • 鈴木拳士郎(MF):1,700万
  • 安在達弥(DF):1,700万
  • 濱託巳(DF):1,300万
  • ブラウン・ノア賢信(FW):1,000万
  • 染矢一樹(MF):1,000万
  • 瓜生昂勢(MF):1,000万
  • 徳永晃太郎(MF):700万
  • 北龍磨(MF):700万
  • 大迫暁(DF):700万
  • 野村政孝(GK):700万

  • この記事の画像

    「【2022】J3リーグ全18クラブ別、選手市場価値ランキング」の画像1 「【2022】J3リーグ全18クラブ別、選手市場価値ランキング」の画像2 「【2022】J3リーグ全18クラブ別、選手市場価値ランキング」の画像3 「【2022】J3リーグ全18クラブ別、選手市場価値ランキング」の画像4
    「【2022】J3リーグ全18クラブ別、選手市場価値ランキング」の画像5 「【2022】J3リーグ全18クラブ別、選手市場価値ランキング」の画像6