名古屋含むJリーグ勢関心も…ノルウェー代表FW「オファーは複数あるが…」
拡大する(全1枚)

 ハンガリー1部フェレンツヴァーロシュTC所属のノルウェー代表FWトクマック・グエン(28)は、名古屋グランパスをはじめJリーグ複数クラブや欧州方面からの関心が伝えられている。そんなグエンがノルウェー紙『Drammens Tidende』のインタビューで自身の去就について語った。

 左ウイングを主戦場とするグエンはノルウェー国内の複数クラブをへて、2019年2月からフェレンツヴァーロシュTCでプレー。今季ここまでリーグ戦33試合中26試合に先発出場して9ゴール6アシストをマーク。フェレンツヴァーロシュTCの国内リーグ4連覇に大きく貢献したが、今月14日開催のリーグ戦では突如メンバー外となっている。

 同選手の去就については、名古屋グランパス移籍の可能性を日本国内の一部メディアが先月に報道。名古屋グランパスサポーターからは、ドーピング検査陽性によりサッカー活動禁止処分中であるポーランド代表FWヤクブ・シュヴィルツォク(29)退団の可能性を懸念する声が上がっている。

 また、オランダメディア『SPORTNIEUWS』は名古屋グランパス以外のJリーグクラブやエールディビジ(オランダ1部)に所属するフェイエノールトからの関心を伝えているほか、フェイエノールトが同選手の獲得にむけて交渉を行っていると報じている。

 そしてハンガリー国内では、選手サイドがサウジアラビア国内クラブやスュペル・リグ(トルコ1部)のベシクタシュからのオファーを断ったと伝えられている。