CB補強急務のチェルシー、ミランと契約満了迫るイタリア代表DFに注目か
拡大する(全1枚)

 チェルシーが、ミランに所属するイタリア代表DFアレッシオ・ロマニョーリ(27)の獲得に興味を示しているようだ。イギリス『サン』が伝えた。

 今季限りで契約満了を迎えるドイツ代表DFアントニオ・リュディガーとデンマーク代表DFアンドレス・クリステンセンの退団が決定的になっているチェルシー。さらには、スペイン代表DFセサル・アスピリクエタの退団も有力視されており、来季に向けてセンターバックの補強が急務になっている。

 そうしたなか、チェルシーは今季限りでミランと契約満了を迎え、フリーで獲得可能なロマニョーリに注目している模様。ただ、同選手にはバルセロナやセビージャのスペイン勢に加えて、バイエルン・ミュンヘンとボルシア・ドルトムントのドイツ勢が関心を示しており、争奪戦の様相を呈している。

 2015年夏にローマからミランへ加わり、2018-19シーズンからはキャプテンを務めているロマニョーリ。2021年1月にイングランド代表DFフィカヨ・トモリが加入して以降は出場機が減少しており、今季はここまでセリエA18試合に出場になっている。