浦和ユンカーのハット達成に感嘆!無敵家が本音「試合前に大丈夫かと…」
拡大する(全1枚)

 浦和レッズ所属のデンマーク人FWキャスパー・ユンカー(28)は、今月16日に東京・池袋にある『麺創房無敵家』でラーメンを食べ、2日後の明治安田生命J1リーグ第11節・横浜F・マリノス戦でハットトリックを達成。試合後のツイートではお店に対して感謝を述べていたが、これに対する麺創房無敵家の投稿内容が反響を呼んでいる。

 ユンカーは横浜F・マリノス戦で先発出場すると0-3で迎えた後半開始早々の47分、浮き球のパスに反応して裏のスペースに抜け出すと、GK高丘陽平(26)との1対1でゴールマウスに流し込む。そして81分にもゴールを決めると、89分には左サイドからドリブルで切れ込んだMF大久保智明(23)のシュートコースをゴール前で変えてゴールネットを揺らしていた。

 同選手は試合後、ラーメンを食べた時の自身の投稿を引用リツイートして「ラーメンのおかげかなー!無敵家最高の広告」とハットトリック達成を麺創房無敵家に報告。これに対して麺創房無敵家公式ツイッターアカウントも3つのサッカーボールの絵文字を交えて反応していた。

 すると、麺創房無敵家のスタッフが20日にもツイッターを更新。「キャスパーユンカー選手。とてつもない反響に驚きと興奮を隠せない状態につき、ひとりのサッカーを愛する人間としてツイートさせて頂きます」と切り出すと「無敵家に勤めて十余年。スポーツ選手にお会いすることはないだろうと思ってましたが、まさかのJリーガー!トップアスリートのユンカー選手!しかもオフではなくシーズンの真っ最中に!!!」と同選手来店時の心境を明かす。