原大智、スペイン2部降格アラベスの構想入りも…本田圭佑・兄の見解は…
拡大する(全1枚)

 FC東京の下部組織出身であるFW原大智(23)は今季、レンタル先のシント=トロイデンVV(STVV)で活躍していたが、レンタル元であるデポルティーボ・アラベスの来季構想に含まれているかもしれない。20日、スペイン紙『アス』が報じた。

 原大智は昨年6月にクロアチア1部のNKイストラ1961からアラベスへ完全移籍したものの、早々に構想外となり8月にSTVVへレンタル移籍。今季はジュピラー・プロ・リーグ(ベルギー1部)全34試合中20試合の先発出場で8ゴール3アシストと結果を残すと、ベルギー1部リーグ終了後の先月28日にアラベスのトレーニングに合流していた。

 一方、アラベスは今月15日開催のラ・リーガ第37節・レバンテ戦で敗北。リーグ戦1試合を残す中、ラ・リーガ残留圏の17位RCDマジョルカから5ポイント差をつけられたため、スペイン2部リーグへの降格が決定。今季終了後に現有戦力の大量放出が噂されている。

 『アス』はアラベスがDFハビ・ロペス(20)と2025年6月までの契約期間延長で合意に達したと報道。そしてアラベスの陣容について「当然のことだが、原大智のようなレンタル移籍中の選手もピックアップされる。マルティン・アギレガビリアのようなラ・リーガで出番の少なかった選手たちもオファーを受けている。契約のある選手は去り、契約のない選手は残留することができる。アラベスのプロジェクトはまだ不透明だ」と綴っている。