久保建英にセルティック移籍待望論が!ポステコグルー“再生工場”に期待も
拡大する(全1枚)

 RCDマジョルカ所属の日本代表MF久保建英(20)は、レアル・マドリード復帰が不可能と伝えられている。来季もレアル・マドリードから他クラブへの移籍がほぼ確実とみられる中、ここにきてセルティック移籍待望論が沸き起こっている。

 久保建英は昨年8月、レアル・マドリードからRCDマジョルカへ1年レンタルにより加入。ルイス・ガルシア前監督のもとでコンスタントに先発起用されていたが、3月の監督交代で立場が一変。4月以降はリーグ戦8試合中2試合の先発出場にとどまるなど、元日本代表監督であるハビエル・アギーレのもとではベンチ要員となっている。

 また、同選手は日本代表でも序列低下が顕著に。2月1日のカタールW杯アジア最終予選・サウジアラビア戦や3月24日のオーストラリア戦では出番がなく、3月29日のベトナム戦で精彩を欠いていた。

 マジョルカや日本代表での出場機会減少もあり、久保建英はレアル・マドリードで構想外であるとスペイン国内の複数メディアが伝えている。その中、セルティックの専門サイト『THE CELTIC BHOYS』は「セルティックはこの夏、レアル・マドリードのウインガーをターゲットにすべきだ」という見出しをうち、セルティックにとって久保建英が理想的なターゲットであると主張している。

 『THE CELTIC BHOYS』は久保建英がセルティックへ移籍するメリットについて「クボは長い間、スペインで最も評価の高い若手選手の一人であったが、今シーズンはそのクオリティの片鱗を見せるに留まり、なかなかブレイクできずにいる」