神戸ボージャン「ひとりの人間として…」バルセロナ退団で得た財産語る
拡大する(全1枚)

 明治安田生命J1リーグのヴィッセル神戸に所属する元スペイン代表FWボージャン・クルキッチ(31)が、バルセロナ退団で得たものや価値観の変化を語った。

 ボージャンは2007年に16歳という若さでバルセロナのトップチームに昇格。元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ(38)やアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(34)らとプレーする中、2007/08シーズンにいきなりリーグ戦で2桁ゴールをあげるなど才能の片鱗を見せていた。

 しかし、ジョゼップ・グアルディオラ監督のもとでは度重なる負傷離脱もあり、先発での出場機会が減少。3度のラ・リーガ制覇、2度のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)を経験したが、2011年7月にバルセロナ退団を決断しローマへ移籍していた。

 同選手はバルセロナ退団後、ローマやミラン、アヤックス、ストーク・シティなど複数クラブに在籍。昨年8月からヴィッセル神戸でプレーしているが、ヴィッセル神戸移籍で7か国を渡り歩いたことになっている。

 そんなボージャンは今月、AFP通信のインタビューに対応。「サッカーだけでなく人生において、すべての物事が良くなることもあれば、悪くなることもあるね。プロサッカー選手として15年目を迎えたけど、これまでずっと高いレベルやビッグクラブでプレーしている。自分がやってきたことすべてに、本当に誇りを持っているんだ」と自身のプロキャリアを振り返る。

 そしてバルセロナ退団後の人生について「カンプ・ノウ(バルセロナのホームスタジアム)を去るまでは、バルセロナの扉の向こうに世界があることを知らなかったんだ。自分が生きて学ぶためのクラブや国、場所がたくさんあることに気づいた。サッカーのおかげで、このような機会を得ることができたよ」