吉田麻也、アジア人軽視に反発「冨安健洋を見れば…」東京五輪の結果誇示
拡大する(全1枚)

 サンプドリア所属の日本代表DF吉田麻也(33)が、アーセナル所属の日本代表DF冨安健洋(23)をはじめ多くの日本人選手が欧州で活躍している現状や東京五輪での経験について語った。

 吉田麻也はイタリアメディア『Rivista Contrasti』のインタビューに応じた際、アジア出身の選手がヨーロッパで軽視される傾向にある理由を聞かれると 「ACL(AFCチャンピオンズリーグ)優勝クラブが一度もFIFAクラブワールドカップの決勝に進出したことがないという事実は、レベルが間違いなく上がっているにもかかわらず、アジアにおけるサッカーの成長を受け入れることに、文化的な抵抗があるんだと思いますね」

 「今、ヨーロッパで活躍している日本人選手はたくさんいます。ディフェンダーでさえもそうです。僕がオランダ行きを決めたとき、周りが僕に不信感を募らせていると感じていましたね。あの時は日本人ディフェンダーとして初めての欧州挑戦でした」

 「ただアーセナルの冨安健洋選手を見れば分かりますけど、今は違います。彼はミケル・アルテタ監督にとって欠かせない存在ですし、新たな世代を代表するタレントの一人ですよ」と、2010年にオランダのVVVフェンローへ移籍した当初の経験を語った上で、現在の日本人選手のレベルが高いことをアピールしている。

 また、欧州でプレーする日本人選手が増えていることについては「JリーグセリエAやプレミアリーグといったヨーロッパ最高峰のリーグには及びませんけど、今の世代は以前よりもはるかに準備ができていますね。今の若手選手は、より早く、より豊かな技術的背景と経験を持って成熟していきます。海外でのプレーは、成長につながりますね」とコメント。