東京Vインスタが炎上!インドネシア代表アルハン不出場に落胆も…
拡大する(全1枚)

 明治安田生命J2リーグの東京ヴェルディは今年2月、インドネシア代表DFプラタマ・アルハン・アリフ・リファイ(20)を獲得。クラブ公式インスタグラムアカウントのフォロワー数急増で話題を呼んでいたが、今月中旬ごろから異変が起こっている。

 アルハンは2月16日にインドネシア1部のPSISスマランから東京ヴェルディへ完全移籍。3月23日にチームに合流しているが、今季ここまで公式戦全試合でメンバー外となっている。また今月4日のJ2リーグ第14節・ベガルタ仙台戦では、試合会場の味の素スタジアムで「インドネシアフェス」が開催。インドネシア国内でも同選手のデビューに期待が高まっていたが、ピッチに立つことはなかった。

 そんなアルハンはインドネシア国内屈指の有望株であるだけに、東京ヴェルディ移籍決定直後からインドネシアのサッカーファンは一斉に東京ヴェルディ公式インスタグラムアカウントをフォロー。今月23日の時点でフォロワー数は48万人となっている。

 しかし、直近2週間にわたりインスタグラム投稿のコメント欄で「unfollow」というハッシュタグ付きのコメントが急増。他にもインドネシア人と思われるSNSユーザーから「アルハンの日本デビューは?」、「アルハンはなぜプレーできないんだ?」という声が数多く寄せられている。

 東京ヴェルディは今季開幕から8試合連続無敗と良い滑り出しを見せていたが、4月9日の第9節・ロアッソ熊本戦以降は1勝2分6敗と苦戦している。インドネシア国内でアルハン起用待望論が沸き起こる中、堀孝史監督の決断に注目が集まる。