プレミア連覇のマンC、フェルナンジーニョの後釜としてリーズMFに注目。BBC報道
拡大する(全1枚)

 マンチェスター・シティが、リーズ・ユナイテッドに所属するイングランド代表MFカルバン・フィリップス(26)の獲得に動くようだ。イギリス『BBC』が伝えた。

 リバプールとの熾烈な優勝争いを制してプレミアリーグ連覇を達成したシティは来季に向けてボルシア・ドルトムントからノルウェー代表FWアーリング・ハーランドを獲得。次なるターゲットとして、今夏退団を明言している元ブラジル代表MFフェルナンジーニョの後釜獲得に向かうとみられている。

 そうしたなか、クラブを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督はフィリップスを獲得候補の1人に含めているという。しかしながら、リーズがプレミアリーグ最終節でブレントフォードに勝利し、1部残留を決めたことにより、交渉は簡単ではないとみられている。

 リーズ下部組織出身のフィリップスは出足の鋭いボール奪取能力と広い視野と高水準のキック精度を活かした展開力が魅力の守備的MFでイングランド代表にも定着。今季は長期離脱の影響でプレミアリーグ20試合で1アシストという結果に終わっている。