日本代表に“二軍”で挑む!チリ代表がインテルMFビダルら招集外に…
拡大する(全1枚)

 サッカー日本代表は6月にキリンカップサッカー2022でチリ代表と対戦する可能性がある。チリサッカー連盟は24日に来日メンバーを公式発表しているが、インテル所属のMFアルトゥーロ・ビダル(35)をはじめ複数の主力選手が招集外となっている。

 チリ代表は来月6日に韓国代表と対戦してから来日する予定となっており、10日にチュニジア代表と激突。14日にはガーナ代表、もしくは日本代表のいずれかと顔を合わせる。

 今回の代表メンバーでは、ボローニャ所属のDFガリー・メデル(34)やフィオレンティーナ所属のMFエリック・プルガル(28)など一部の欧州組が招集されている。しかし、ビダルやインテル所属FWアレクシス・サンチェス(33)、レアル・ベティス所属GKクラウディオ・ブラーボ(39)、アトレチコ・ミネイロ所属FWエドゥアルド・バルガス(32)など主力選手がこぞってメンバー外に。南米クラブ所属の若手選手中心の構成となっている。

 なお、チリ代表はFIFAワールドカップ・ブラジル大会でベスト16入りしたものの、ロシアW杯では予選敗退。カタールW杯南米予選でも本大会出場圏の4位エクアドル代表から7ポイント差の7位に終わっていた。

 しかし、エクアドル代表FWバイロン・カスティージョ(23)の出生地を巡る疑惑が浮上。チリサッカー連盟が国際サッカー連盟(FIFA)の規律委員会に異議を申し立てたことにより、今後の動向に注目が集まっている。

==========

欧州クラブ所属のチリ代表来日メンバー

DF

ガリー・メデル(ボローニャ)

フランシスコ・シエルラルタ(ワトフォード)

ナイエル・メサトゥ(KVコルトレイク)

MF

エリック・プルガル(フィオレンティーナ)

パブロ・ガルダメス(ジェノア)

トマス・アラルコン(カディス)

FW

ベン・ブレアトン(ブラックバーン)

==========