横浜FC小川航基、J2得点王へ向けかかる期待。再びゴールラッシュなるか
拡大する(全5枚)

2022明治安田生命J2リーグにて、最高のスタートを切って首位につけていた横浜FCが、急激に勢いを失って正念場を迎えている。そしてこの低迷は、同クラブのエースFW小川航基の成績に連動しているかのようだ。

小川は開幕から10試合で10得点と爆発的な得点力を示し、J2得点ランキングの首位に浮上。現在もトップを維持するも、チームの不調と同じくして第11節から無得点が続いた。再びのゴールラッシュで小川はJ2得点王を目指し、また首位から転落してしまった横浜FCは復調なるだろうか。

横浜FC小川航基、J2得点王へ向けかかる期待。再びゴールラッシュなるか

2022シーズン最高のスタートと急ブレーキ

横浜FCは2022シーズン開幕から僅差の試合をものにし続け、開幕4連勝。10試合を8勝2分と駆け抜け、首位を快走した。その間、小川は3つの決勝ゴールを含め10得点と、この上ないほどの滑り出しに成功していた。

ところが4月23日の第11節から3戦連続ドローとなった横浜FCは、第14節ロアッソ熊本戦(5月4日)に0-1で敗れ今季初黒星を喫すると、それを含む4試合で1勝3敗。一時は独走に近い形だった首位を明け渡してしまう。特に上位決戦となった第17節のアルビレックス新潟戦(5月21日)では0-3の完敗を喫した。

小川もまたチームの不調と時を同じくして得点が取れなくなった。3-4-2-1という横浜FCのシステムにおいて、1トップのプレーぶりは結果に直結する。守備の安定も欠かせないが、勝利を積み重ねていくために小川の活躍は極めて重要だ。


この記事の画像

「横浜FC小川航基、J2得点王へ向けかかる期待。再びゴールラッシュなるか」の画像1 「横浜FC小川航基、J2得点王へ向けかかる期待。再びゴールラッシュなるか」の画像2 「横浜FC小川航基、J2得点王へ向けかかる期待。再びゴールラッシュなるか」の画像3 「横浜FC小川航基、J2得点王へ向けかかる期待。再びゴールラッシュなるか」の画像4
「横浜FC小川航基、J2得点王へ向けかかる期待。再びゴールラッシュなるか」の画像5