G大阪サポ団体が謝罪声明。スタジアム“出禁”で「処分に対し真摯に…」
拡大する(全1枚)

 ガンバ大阪は24日、今月21日開催の明治安田生命J1リーグ第14節・セレッソ大阪戦で観戦ルール違反を犯したサポーターを処分。当該サポーターに所属するサポーター団体のメンバー全員に対して無期限入場禁止という厳罰を下しているが、サポーター団体も声明を発表している。

 ガンバ大阪とセレッソ大阪は、大阪ダービーでサポーターによる観戦ルール違反が多いことをうけて、今月19日に「フェアでクリーンな大阪ダービー開催に向けて」と題した声明を発表。

 「過去、両クラブはお互いをリスペクトしつつ、勝負に対して拘りを持って戦ってまいりました。
その思いは両クラブのファン、サポーターの皆様も同じであると存じます。しかしながら、以前より大阪ダービーにおけるスタジアム内外での両サポーターによるトラブルが頻発しており、これらは試合を楽しみにご来場された全てのお客様に対し多大な迷惑行為となっております」

 「この現状をクラブは重く受け止め、改めて多くのご来場頂くお客様が安心・安全にご観戦頂ける、トラブル・暴力の無い試合運営を行っていく所存です。今後、試合開催におけるスタジアム内外での危険かつ悪質な行為が確認された場合、個人・グループに対して厳しい罰則を実施・検討致します」

 「是非今一度、Jリーグ観戦ルール及び両クラブ観戦ルールを遵守いただき、スタジアム内外でのクリーンな応援で大阪ダービーを盛り上げ、チームを後押しして頂きたく存じます。ファン・サポーターの皆様にはご理解・ご協力の程、何卒宜しくお願い申し上げます」と違反行為に対して厳正に対処する姿勢を見せていた。