遠藤航にユベントス移籍説が!イタリア代表MFにかわる“舵取り役”と期待も
拡大する(全1枚)

 日本代表MF遠藤航(29)は、自らのゴールでVfBシュツットガルトをブンデスリーガ残留に導いていた。そんな遠藤航に対して、ユベントスが関心を寄せているかもしれない。

 遠藤航は2019年8月にシント=トロイデンVVからVfBシュツットガルトへ移籍。加入3年目の今季はキャプテンを任せられたが、チームはブンデスリーガ残留争いを強いられていた。その中、同選手は今月14日の最終節・ケルン戦で1-1で迎えた後半アディショナルタイムの90+2分、DF伊藤洋輝(23)のコーナーキックからヘディングシュートでゴールネットを揺らし、勝ち越しゴールを奪取。自らの決勝ゴールでチームを勝利に導くとともに、ブンデスリーガ残留に大きく貢献していた。

 一方、ユベントスは今季序盤からミランやインテルにおくれをとり、セリエAを4位で終了。コッパ・イタリア(イタリア国内カップ戦)でも準優勝に終わり、11年ぶりに無冠という結果に終わっていた。また、アルゼンチン代表FWパウロ・ディバラ(28)やイタリア代表DFジョルジョ・キエッリーニ(37)の退団が決まっているほか、中盤での戦力の入れ替えを行うとみられる。

 その中、ユベントスの専門サイト『Juve Dipendenza』は28日、「マヌエル・ロカテッリの代わりにエンドウを。ユベントス初の日本人選手になる」という見出しをうち、遠藤航がユベントスの獲得候補になると見解を述べている。