DAZNが再び炎上!“予告なし”でプレミア関連コンテンツ削除に「説明は?」
拡大する(全1枚)

 スポーツの定額制動画配信サービス『DAZN』は先月、来季以降のプレミアリーグ放映権について関係各所との協議を継続するという主旨の声明を発表していた。韓国資本のスポーツ動画配信サービス『SPOTV NOW』による独占配信が確実とみられる中、今月1日になってDAZNのプレミアリーグ関連コンテンツが次々と削除されている。

 DAZNはスポーツ専門チャンネル『J SPORTS』にかわって、2019/20シーズンから今季までのプレミアリーグ放映権を取得。日本代表DF冨安健洋(23)所属のアーセナルやFW南野拓実(27)所属のリバプールなどビッグクラブの試合を中心に配信してきた。

 しかし、来季から2024/25シーズンまでの日本におけるプレミアリーグ放映権については、『SPOTV NOW』を運営する『エクラ・メディア・グループ』が取得。4月14日に来季以降のプレミアリーグ放送を公式発表している。

 これに対してDAZNは「一部報道でもありました通り、DAZNジャパンは来シーズン以降のイングリッシュ プレミアリーグ放映権獲得に向けて交渉を続けて参りましたが、現時点においては来シーズンにおいての権利を保有しておりません。一方で来シーズンも引き続きファンの皆様にDAZNでEPLをお楽しみ頂けるよう、関係者との協議を継続していく所存です」と声明を発表。プレミアリーグ配信継続の可能性を探る方針を明かしていたが、5月31日時点でプレミアリーグ放映権失効に関する公式発表は行っていない。