「神戸で鍵を握る存在に…」リンコンがACLでの転機告白!J1で出番減も…
拡大する(全1枚)

 ヴィッセル神戸所属の元U20ブラジル代表FWリンコン(21)は、明治安田生命J1リーグでの出場機会が少ない。それでも今季ここまでの出来に一定の手応えを感じているようだ。4日、ブラジルメディア『iG Esporte』が伝えている。

 リンコンは昨年1月にブラジル1部のCRフラメンゴからヴィッセル神戸へ完全移籍。来日1年目の昨季は左ハムストリング肉離れによる戦線離脱もあり、リーグ戦13試合の出場で1ゴールという結果に終わっていた。

 そして今季は三浦淳寛前監督のもとでリーグ戦5試合中3試合にスタメン出場していたが、ミゲル・アンヘル・ロティーナ監督の就任以降は出場機会が減少。それでもAFCチャンピオンズリーグ(ACL)東地区グループステージでは4試合中3試合の出場で2ゴールをマーク。チームを決勝トーナメント進出へと導いている。

 同選手は『iG Esporte』のインタビューに応じた際、来日2年目を迎えての心境を聞かれると「日本に来たばかりのときはブラジルの文化をすぐに捨て、家族や友人との別れを受け入れないといけなかった。だけど1年経った今は、この国の文化に慣れたと感じているね。気候や日々のサイクル、日本サッカーのスタイルにも慣れたし、友人もできた。チームメイトとも良い関係を築けているよ」

 「もちろん、ブラジルやブラジル人のエネルギーが恋しくなることもある。だけど、海外で生活することは、自分だけでなく、いつも応援してくれる家族にとっても、信じられないほど特別な経験になっているんだ」と語っている。