清水エスパルス「解任ブースト」なるか。リカルド新監督への期待と不安
拡大する(全5枚)

明治安田生命J1リーグ第16節終了時点で、2勝7分7敗の16位と低迷していた清水エスパルスは、5月30日、成績不振を理由に平岡宏章監督との契約解除を発表。そして6月7日、ブラジル出身でフラメンゴやボタフォゴなどの監督を歴任していた、ゼ・リカルド新監督の就任を発表した。

就任直前までブラジル2部バスコ・ダ・ガマで監督を務めていたリカルド監督は、Jリーグでは初めての指揮となる。また、清水にとってはこれで4年連続のシーズン途中での監督交代となった。果たして新監督のもと、監督交代直後に成績が向上すると言われている「解任ブースト」を発動し、清水はその後も安定した成績を残せるのだろうか。

清水エスパルス「解任ブースト」なるか。リカルド新監督への期待と不安

解任ブーストは存在する?

シーズン途中に監督交代となると話題に上がるのが「解任ブースト」だ。サッカー界において、監督交代直後に一時的に成績が向上することを指す。過去の例をみると、うまくいいったパターンは実際に存在する。

例えば、2019年のサガン鳥栖。ルイス・カレーラス監督(2019)のもと9試合で勝ち点4しか得られなかったチームは、シーズン途中に金明輝監督(2019-21)に交代後、17試合で勝ち点23を獲得し残留に成功。現在もJ1で戦い続けている。

また同年、清水もヤン・ヨンソン監督(2018-19)のもと11試合で勝ち点8しか得られず、コーチを務めていた篠田善之監督に交代。するとそこからの15試合で勝ち点24を得てJ1残留を達成している。


この記事の画像

「清水エスパルス「解任ブースト」なるか。リカルド新監督への期待と不安」の画像1 「清水エスパルス「解任ブースト」なるか。リカルド新監督への期待と不安」の画像2 「清水エスパルス「解任ブースト」なるか。リカルド新監督への期待と不安」の画像3 「清水エスパルス「解任ブースト」なるか。リカルド新監督への期待と不安」の画像4
「清水エスパルス「解任ブースト」なるか。リカルド新監督への期待と不安」の画像5