堂安律と元G大阪コンビ結成も!ファン・ウィジョ争奪戦にマインツ参戦か
拡大する(全1枚)

 かつて明治安田生命J1リーグのガンバ大阪でプレーしていた日本代表MF堂安律(23)と韓国代表FWファン・ウィジョ(29)が、ブンデスリーガでチームメイトになる可能性があるようだ。21日、フランスメディア『RMC SPORT』が伝えている。

 ガンバ大阪でプロデビューした堂安律は昨年8月、アイントラハト・フランクフルトやボルフスブルクなどドイツ国内の複数クラブからの関心が伝えられる中、PSVアイントホーフェンに残留。2021/22シーズンのエールディビジ(オランダ1部)で全34試合中17試合に先発出場して8ゴール1アシストと結果を残している。

 そんな堂安律については、5月上旬にブンデスリーガ所属マインツとの個人合意が報じられたが、代理人がこれを否定。それでもドイツ紙『キッカー』はマインツが依然として同選手の動向を注視していると伝えている。

 一方、ファン・ウィジョは2019年7月にガンバ大阪からジロンダン・ボルドーへ完全移籍。2020/21シーズンから2年つづけてリーグアン(フランス1部)で2桁ゴールをマークしたが、クラブはリーグ最下位に終わり、降格が決定。くわえてフランス国内サッカーの財務監督管理局(DNCG)はボルドーが4000万ユーロ(約56億4000万円)の負債を抱えていることを理由に、2部ではなく3部への降格処分を通達。ボルドーはファン・ウィジョをはじめ複数選手の売却に迫られている。