トッテナム、リヨンの技巧派MFに約71億円用意?先日の日本代表戦にも出場
拡大する(全1枚)

 トッテナム・ホットスパーが、オリンピック・リヨンに所属するブラジル代表MFルーカス・パケタ(24)の獲得に興味を示しているようだ。イギリス『フットボール・ロンドン』が伝えた。

 2019年1月に引き抜かれたミランで結果を残せなかったパケタだが、2020年9月に加わったリヨンで復調。ブラジル人らしい卓越したボールコントロールを武器とする技巧派のレフティーは、今季は公式戦43試合に出場して11ゴール7アシストの数字を残した。

 先日に行われた日本代表戦でもスタメン出場したパケタに対して、アントニオ・コンテ監督が獲得を熱望しており、トッテナムはリヨン側が要求する移籍金5000万ユーロ(約70億8000万円)を用意するという。同選手にはニューカッスル・ユナイテッドとアーセナルも関心を示しているとみられているが、現状ではトッテナムが優位に立っているようだ。

 なお、トッテナムは今夏にブライトン・アンド・ホーブ・アルビオンからマリ代表MFイブ・ビスマ、インテルからクロアチア代表MFイバン・ペリシッチ、今夏にサウサンプトンを退団するイングランド代表GKフレイザー・フォースターを獲得するなど、積極補強に動いているが、パケタを射止めることはできるのだろうか。