国内3大タイトル初獲得を目指すJクラブたち【J1、ルヴァン杯、天皇杯】
拡大する(全4枚)

明治安田生命J1リーグは2022シーズンの折り返し地点を通過。JリーグYBCルヴァンカップ(ルヴァン杯)はベスト8、天皇杯JFA全日本サッカー選手権大会(天皇杯)はベスト16のチームが出揃った。「国内3大タイトル」と呼ばれるこれらの大会での優勝を目指して、各クラブが熾烈な競争を繰り広げている。

ここでは、1度も3大タイトルを獲得したことのないクラブに焦点を当ててみよう。国内3大タイトルの初獲得となったクラブは、2019年に天皇杯を制したヴィッセル神戸が最後である。3年ぶりに初めてユニフォームに星を付ける権利を得られるクラブは誕生するだろうか。2022シーズンの各大会で悲願の初タイトル獲得を目指すクラブを紹介する。

国内3大タイトル初獲得を目指すJクラブたち【J1、ルヴァン杯、天皇杯】

J1リーグ:サガン鳥栖

2022シーズンの折り返しを越えた明治安田生命J1リーグ。第17節終了時点で首位争いをしているのは、横浜F・マリノス鹿島アントラーズ川崎フロンターレの3チームで、いずれも国内タイトル獲得数が5回を越える強豪だ。順位表をもう少し下まで見てみても、タイトル獲得経験があるクラブが並ぶ。

初タイトルを目指すクラブで最上位なのは、現在8位のサガン鳥栖だ。より下のクラブも可能性が0ではないが、現実的に首位との勝ち点差を考えると、この位置がギリギリではないか。鳥栖がJ1優勝するには、勝ち点差10を詰めねばならないため非常に難しいことには違いない。それでも川井健太監督が作り上げた柔軟性の高いサッカーをさらに成熟させられれば、可能性は0ではないだろう。


この記事の画像

「国内3大タイトル初獲得を目指すJクラブたち【J1、ルヴァン杯、天皇杯】」の画像1 「国内3大タイトル初獲得を目指すJクラブたち【J1、ルヴァン杯、天皇杯】」の画像2 「国内3大タイトル初獲得を目指すJクラブたち【J1、ルヴァン杯、天皇杯】」の画像3 「国内3大タイトル初獲得を目指すJクラブたち【J1、ルヴァン杯、天皇杯】」の画像4