吉田麻也獲得も!モンツァ・ベルルスコーニが目標語る「CL優勝とは別に…」
拡大する(全1枚)

 モンツァは2021/22シーズンにセリエA初昇格を決めると、サンプドリア所属の日本代表DF吉田麻也(33)の獲得に乗り出している。そんなモンツァのオーナーを務めるシルヴィオ・ベルルスコーニ氏(85)が、2022/23シーズンの目標や中長期的なビジョンを語った。26日、イタリア紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』が同氏のコメントを伝えている。

 ベルルスコーニ氏は、1986年からおよそ30年間にわたりミラン会長を務め、右腕のアドリアーノ・ガッリアーニ氏(77)とともにクラブ経営に従事。UEFAチャンピオンズリーグ(CL)連覇や、セリエA3連覇を成し遂げる。そして2017年にミランを中国資本へ売却すると、翌年に当時セリエC所属だったモンツァを買収していた。

 そのモンツァは、ベルルスコーニ体制4年目の2021/22シーズンにセリエBを4位で終えると、昇格プレーオフを突破。1912年のクラブ創立以来、110年の歴史で初めてのセリエA昇格を果たしている。

 そんなベルルスコーニ氏は、2022/23シーズンの目標を聞かれると「我々にとっても、本拠地のある地域全市民にとっても素晴らしいことだ。次はスクデットを獲得し、チャンピオンズリーグに出場して、そこでも優勝したいと思っている。私の人生では、勝つことには慣れているからね」と喜びを表現している。

 くわえて同氏が「確かにチャンピオンズリーグは素晴らしいイベントだ。いつか優勝するだろう。しかし我々には別の目的がある。(そのために)まずはセリエAで10位以内をキープする」と語ると、イタリア紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』が27日にこのコメントを紹介している。