元柏レイソル・伊藤達哉が結婚公表!田中碧との開幕戦日本人対決にも言及
拡大する(全1枚)

 柏レイソル下部組織出身であり、ドイツ2部昇格クラブのマクデブルクに所属する元日本代表FW伊藤達哉(25)が27日、ドイツ紙『ビルト』のインタビューで結婚したことを明かした。

 伊藤達哉はハンブルガーSVやジュピラー・プロ・リーグ(ベルギー1部)のシント=トロイデンVV(STVV)でプレー。今年1月にSTVVからマクデブルクへレンタル移籍すると、ハンブルガーSVの恩師クリスティアン・ティッツ監督のもとで活躍。移籍初戦でいきなりゴールをあげると、2月はリーグ戦全4試合で先発出場して3アシストをマーク。主力選手としてクラブの2部昇格に大きく貢献していた。

 また、シーズン終了後の先月26日には1年間のレンタル期間延長が正式決定。2022/23シーズンもマクデブルクの一員としてドイツ2部リーグを戦うことになっている。

 『ビルト』の報道によると、伊藤達哉は8年間の交際をへて結婚したとのこと。4月に行われたクラブの2部昇格記念パーティーにおける新婦とのツーショット写真が記事に掲載されている。

 また同選手は『ビルト』のインタビューで結婚について聞かれると「そうなんです。結婚しました。ただ今は入籍しただけで、結婚式はこれからです」と回答。そして「僕たちは昇格しました。対戦相手が僕たちのことをどう見ているのか。ただ、僕たちとしては自分たちの戦術やアイデアを信じて、さらに向上させていきたいですね」と新シーズンにむけての意気込みを語った。

 なお、マクデブルクはすでにトレーニングマッチを2試合消化。来月2日には日本代表MF原口元気(31)を擁するウニオン・ベルリンとの練習試合に臨むほか、17日にはドイツ2部開幕節で日本代表MF田中碧(23)所属のフォルトゥナ・デュッセルドルフと激突する。