浦和とACLで対戦も!インドネシア帰化間近DFがJリーグ移籍拒否か
拡大する(全1枚)

 KASオイペン所属の元スペインU21代表DFジョルディ・アマト(30)は、Jリーグクラブからのオファーを明かしていた。しかし、今月末までにマレーシア1部ジョホール・ダルル・タクジムFCへ移籍することが確実となったようだ。28日、スペイン紙『アス』が伝えている。

 身長184cmでセンターバックを本職とするアマトは、ラージョ・バジェカーノやスウォンジー、レアル・ベティスなどに在籍。2019年8月から3シーズンにわたりKASオイペンでプレーし、2021/22シーズンにはジュピラー・プロ・リーグ(ベルギー1部)で34試合中27試合に先発出場していた。

 そんなアマトは今月1日、インドネシアメディア『SKOR』のインタビューで「ジョホール(・ダルル・タクジムFC)への移籍はひとつの選択肢だね。ただ、日本やスペインのいくつかのクラブからオファーが届いている。来週、もしくは今月中には結論を出すよ」とコメント。Jリーグ移籍の可能性があることを明かしていた。

 また今月25日には自身のインスタグラムアカウントで「多くの人が僕に『ヨーロッパに残れ』と言ってくるんだけど、僕はこれまでずっとヨーロッパでプレーしてきたんだ。でも、特にアジア人は、アジアでやっていることに誇りを持つべきだよ」

 「アジアには素晴らしいチーム、素晴らしいリーグがあり、とてつもないスピードでサッカーが発展しているんだ」と投稿するなど、アジア移籍の可能性を示唆していた。