ネイマールがPSG日本ツアー不参加?会長の発言きっかけで今夏退団検討か
拡大する(全1枚)

 パリ・サンジェルマン(PSG)所属のブラジル代表FWネイマール(30)が、今夏退団を検討しているようだ。PSGが移籍先を探していると、ヨーロッパ各メディアが伝えている。

 ネイマールはバルセロナ在籍時の2014/15シーズンに、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)、ラ・リーガ、コパ・デル・レイ(スペイン国王杯)の3冠を獲得。個人でも当時の得点王に輝いた。その後、2017年8月に欧州サッカー史上最高額の2億2200万ユーロ(約289億円)でバルセロナからPSGへ完全移籍。PSGでは4度のリーグ・アン優勝を果たした一方、CLでの最高成績は2019/20シーズンの準優勝と、在籍5シーズンでいまだにタイトルを獲得していない。

 その中、PSGのナーセル・アル=ヘライフィー会長が先日、フランス紙『ル・パリジェン』の取材に対応。ネイマールの去就について明確な回答は拒否したが「私が言えることは、すべてのプレーヤーに昨シーズンよりも多くの事を期待しているということだ。すべて100%でなければならない。明らかに私たちは先に行くための力が十分ではなかった」 

 「2022/23シーズンの目標は明確で、毎日200%(のエネルギーで)働くことだ。 選手が全力で戦えば、我々は結果を見るだろう。 選手は謙虚さを取り戻し、怪我や出場停止、試合を変えるファウルを避けるために変わらなければならない」と発言したとされている。