J2盛岡、クリスティアーノ獲得確実か!フリー移籍も厄介な特殊条項が…
拡大する(全1枚)

 明治安田生命J2リーグのいわてグルージャ盛岡は、ブラジル1部セアラーSC所属のブラジル人FWクリスティアーノ(23)を獲得することがほぼ確実となったようだ。

 いわてグルージャ盛岡は今季、クラブ史上初となるJ2リーグの舞台で苦戦。4月3日の第8節・ブラウブリッツ秋田戦から5月はじめにかけて7連敗を喫し、一時J3降格圏内に沈んでいた。しかし直近のリーグ戦6試合で3勝3分と持ち直しており、今月2日の第24節・大宮アルディージャ戦では1-0と勝利。J3降格圏内の21位大宮アルディージャから4ポイント差の19位につけている。

 そのいわてグルージャ盛岡は、リーグ戦24試合で20ゴールと得点力不足を露呈。攻撃陣の強化が急がれる中、クリスティアーノとの契約締結で合意に達したという。

 またブラジル国内のテレビ局『Jangadeiro』の記者が4日、自身のツイッターアカウントを更新。クリスティアーノがセアラーSCを契約解除により退団したことを伝える。さらにセアラーSCは、同選手がいわてグルージャ盛岡から他クラブへ移籍した場合、売却益の40%を受け取ることになったという。

 左利きのストライカーであるクリスティアーノは2019年、セアラーSCのトップチームに昇格したが出場機会に恵まれず、昨年2月にブラジル3部のADコンフィアンサへレンタル移籍。昨年7月にセアラーSCへ復帰したものの、今年1月にブラジル3部のECサン・ジョゼへへ1年レンタルにより加入していた。

 そのECサン・ジョゼへで迎えた今季は、カンピオナート・ガウショ(リオグランデ・ド・スル州選手権)で11試合中4試合に先発出場。リーグ戦では開幕から4試合で5ゴールをあげたが、6月以降は全試合でベンチ外となっていた。