元C大阪ソウザが母国復帰秒読みに!ロティーナ元監督との不仲告白も
拡大する(全1枚)

 かつて明治安田生命J1リーグのセレッソ大阪でプレーしていたブラジル人MFソウザ(33)が、母国復帰間近となっているようだ。4日、ブラジルメディア『Esportes DP』が伝えている。

 ソウザは2020年1月、セレッソ大阪からサウジアラビア1部のアル・イテファクへ完全移籍。加入後すぐに中盤センターでレギュラーに定着すると、およそ2年間にわたりリーグ戦ほぼ全試合にスタメン出場。今年1月にUAE1部のホール・ファカン・クラブへ完全移籍した後も、主力選手として活躍。チームも2部降格圏から10ポイント差で残留を勝ち取っていた。

 そんなソウザは、2021/22シーズンをもってホール・ファカン・クラブとの契約が満了。現在はブラジル国内でトレーニングに励んでいるという。

 その中『Esportes DP』の報道によると、ソウザはブラジル2部ナウチコの復帰間近とのこと。ナウチコの幹部はブラジルのラジオ局『Rádio Jornal』の番組内で、すでに選手サイドとの交渉を進めていることを明かした上で、早ければ今月5日にも合意に達する可能性があると見解を示したという。

 ナウチコは2019シーズンにブラジル3部で優勝。2020シーズンから2年つづけて2部残留を果たしていた。しかし、今季は16試合を終えて勝ち点「18」の獲得にとどまっており、3部降格圏内の17位セントロ・スポルチーヴォ・アラゴアーノからわずか2ポイント差と15位に低迷している。