湘南、浦和獲得失敗FWの争奪戦に名乗りか。川崎ダミアンの古巣も関心
拡大する(全1枚)

 明治安田生命J1リーグの湘南ベルマーレは、過去に浦和レッズへの移籍が噂されたスポルティングCP所属のブラジル人FWルイス・フェリピ(28)に関心を寄せているようだ。5日、ポルトガル紙『O JOGO』が伝えている。

 身長188cmで右利きのフェリピは、2019年1月にスポルティングCPへ完全移籍したものの、2020年1月に右膝の前十字靭帯を断裂。長期離脱を強いられた後は、昨年8月から5カ月間にわたりCDサンタ・クララで日本代表MF守田英正(27)とプレーしている。そして今年1月にギリシャ1部のOFIクレタへレンタル移籍すると、公式戦13試合の出場で8ゴールをマーク。復調の兆しを見せて2021/22シーズンを終えていた。

 『O JOGO』の報道によると、フェリピはスポルティングCPで年俸45万ユーロ(約6400万円)を受け取っており、2024年6月まで契約を残している。しかしクラブ幹部は同選手を2022/23シーズンの構想に含めていないという。

 また先月には、OFIクレタは年俸額の3分の2を負担するという条件で、1年間のレンタル期間延長を打診。しかし、スポルティングCPは完全移籍での放出を望んでいることから、このオファーを却下したと伝えられている。

 さらにギリシャ1部の強豪パナシナイコスやトルコ国内の複数クラブも、フェリピに関心を寄せている模様。くわえて、ブラジル1部のSCインテルナシオナルが川崎フロンターレ所属の元ブラジル代表FWレアンドロ・ダミアン(32)の獲得を諦めて、フェリピにターゲットを変更する可能性も報じられている。

 その中、『O JOGO』は湘南ベルマーレがフェリピをレンタルで獲得を検討していると報道。カタール国内の複数クラブも同選手に関心を寄せているが、現時点でスポルティングCPにオファーは届いていないという。

 なおポルトガル紙『レコルド』の報道によると、昨年3月に浦和レッズがフェリピのレンタル獲得オファーを提示したものの、スポルティングCPはこれを拒否している。スポルティングCPが完全移籍での放出を望む中、同選手は日本のみならず中東や南米、欧州など様々な地域で注目を浴びている。