チェルシー、守田英正加入のスポルティングMFに約70億円を用意か
拡大する(全1枚)

 チェルシーが、スポルティングCPに所属するポルトガル代表MFマテウス・ヌネス(23)に興味を持っているようだ。ポルトガル『ア・ボーラ』が報じている。

 ポルトガル代表として8キャップ1ゴールを誇るヌネスは2019年夏にエストリル・プライアからスポルティングCPへ完全移籍。豊富な運動量に加えて、推進力あるドリブルやボール奪取能力の高さを武器に昨季の公式戦50試合に出場して4ゴール5アシストの数字を残している。

 過去にはマンチェスター・シティからの関心も取り沙汰されたヌネスに対して、チェルシーが関心を示しており、移籍金4500万ユーロ(約62億2000万円)+ボーナス500万ユーロ(約6億9000万円)を用意しているという。ただ、ポルトガル代表MFにはウルバーハンプトン・ワンダラーズも目を光らせているようだ。

 なお、スポルティングCPは今夏にサンタ・クララから移籍金380万ユーロ(約5億2000万円)日本代表MF守田英正を獲得。その一方でポルトガル代表MFジョアン・パリーニャを総額2200万ユーロ(約30億2000万円)フラムに売却している。