元FC東京・太田宏介が豪州1部電撃退団!前日に結婚記念日迎えるも…
拡大する(全1枚)

 かつて明治安田生命J1リーグのFC東京名古屋グランパスなどに在籍していた元日本代表DF太田宏介(34)が、オーストラリア1部パース・グローリーを退団した。7日、クラブ公式サイトが伝えている。

 太田宏介は2020年12月、名古屋グランパスからパース・グローリーへ完全移籍。加入1年目から左サイドバックでレギュラーに定着すると、2020/21シーズン終了後に2023年6月までの2年契約を新たに締結。2021/22シーズンも開幕からしばらくレギュラーを張っていたが、今年3月にふくらはぎの怪我により戦線離脱。リーグ戦26試合中11試合の出場に終わった。

 するとパース・グローリーは7日、太田宏介と双方合意のもとで契約解除を行ったと発表。トニー・ピニャータCEO(最高経営責任者)は「クラブを代表して、コウスケの貢献に感謝したい。彼と彼のご家族の今後の活躍を祈っている」とクラブ公式サイトを通じて同選手にメッセージを送っている。

 パース・グローリーはオーストラリア国内の新型コロナウイルス関連政策により、大半のホームゲームで日程や開催地を変更。西オーストラリア州がコロナ感染拡大防止を目的とした州境封鎖を実施したことにより、チーム一行は数ヶ月にわたってオーストラリア西部のパースに戻れず、ホテル生活が続いていた。

 なお太田宏介は今月6日、ブログを更新。『太田家の7月は忙しい』と題して、結婚5年目を迎えたことを報告していたが、結婚記念日の翌日にパース・グローリーを離れることとなった。