「浦和サポブーイング」で印象操作?Jリーグ公式試合速報がねつ造で炎上
拡大する(全1枚)

 浦和レッズは一部サポーターが声出し応援やブーイングなど「新型コロナウイルス感染症対応ガイドライン」の違反行為を繰り返していることにより、周囲から批判を浴びている。その中、Jリーグ公式サイトにおける明治安田生命J1リーグ第20節・浦和レッズ対京都サンガの速報内容が物議を醸している。

 Jリーグ公式戦をはじめ日本国内のプロスポーツでは新型コロナウイルス感染拡大を受けて、今もなお声を出す応援行為が禁止されている。しかしJリーグは先月から声出し応援の段階的解禁の一環として、一部試合での運営検証を実施。一部試合での「声出し応援エリア」を導入している。

 ただ浦和レッズの一部サポーターは、運営検証を実施する前から声出し応援やブーイングを実施。今月2日の明治安田生命J1リーグ第18節・ガンバ大阪戦でも「声出し応援エリア」が設置されていない中で同様のルール違反を犯していた。

 これを受けて、浦和レッズは試合当日の再発防止策として「オフィシャルサイトやSNS等を通じた啓発情報発信の継続実施」、「ホームゲーム時のスタジアムオーロラビジョンでの啓発情報発信の強化」、「違反行為への適時適切且つ毅然とした対応(即時退場を含む)」の3点を掲げている。

 さらにクラブは、今月6日の京都サンガ戦キックオフ2時間前にも声明を発表。再度「Jリーグ新型コロナウイルス感染症対応ガイドライン」の遵守徹底を呼びかけたこともあり、京都サンガ戦では声出し応援やブーイングなど目立ったルール違反は見られなかった。