アンジェ・ポステコグルー監督率いるセルティックが今季終了後、再びJリーグクラブからの日本人選手獲得に動くかもしれない。日本代表FW前田大然、FW古橋亨梧、MF旗手怜央らにセルティック退団の可能性がある中、英メディア『グラスゴーワールド』がセルティックの今季終了後の補強計画を特集している。

 セルティック所属の日本人選手では、旗手にプレミアリーグ(イングランド1部)ブライトンやニューカッスル・ユナイテッドからの関心が伝えられている。また今年1月以降サウサンプトンが前田の動向を注視しているほか、古橋に関してはクリスタル・パレス移籍の可能性が報じられている。

 同メディアは「古橋、旗手、前田をセルティックに呼び寄せたのは、指揮官が何度もアジアのマーケットを開拓してきたからだ。今年1月には小林友希、岩田智輝も獲得している」と、かつて横浜F・マリノスを率いていたポステコグルー監督の功績を紹介。

 「今年夏の補強計画はまだ不透明だが、ポステコグルー監督はJリーグから隠れた逸材を発掘し、間違いなくセルティックに連れて来るだろう」

 「前田がサウサンプトンから関心を寄せられ、旗手がブライトンの獲得候補に浮上し、古橋が多くのトップクラブに追われている。ポステコグルー監督はこの夏、いくつかの大きな決断に迫られるかもしれない」と、日本人選手の入れ替えを行う可能性に触れている。

 一方、ポステコグルー監督にも再三にわたりプレミアリーグ行きが噂されており、今月はじめにはレスター・シティ指揮官就任の可能性が浮上。しかし『グラスゴーワールド』は「たとえ夏にビッグクラブから声がかかったとしても、セルティックでUEFAチャンピオンズリーグを目指すという魅力は、セルティックがポステコグルー監督にもっと長くとどまるよう説得するのに十分だ」と、セルティック残留が既定路線との見方を示した。

 なお英メディア『フットボール・インサイダー』は先月25日、関係者の話として「セルティック幹部はポステコグルー監督の年俸引き上げを望んでおり、すでに契約延長オファーを準備している」とリポート。両者の契約期間が今年6月までである中、クラブ側は新契約に契約解除条項を盛り込む方向で検討しているという。