サッカー日本代表「森保ジャパン」は、今月19日開催のAFCアジアカップ・グループステージ第2節でイラク代表に1-2と敗北。MF久保建英(レアル・ソシエダ)とMF南野拓実(ASモナコ)の同時スタメン起用を巡り、森保一監督への批判が相次ぐ中、日本代表OBの城彰二氏がFW浅野拓磨(VfLボーフム)の役割に疑問を投げかけている。

 森保監督は14日に行われたベトナム戦から一部ポジションでスタメンを入れ替え。久保をトップ下、南野を本職ではない左サイドハーフに配したほか、前線1トップにはFW上田綺世(フェイエノールト)ではなく浅野を起用した。

 しかしイラクのスペースを与えない守備もあり、前半から攻撃面で噛み合わず。2点リードを許す中、森保監督は61分に久保と浅野を諦め、上田とMF堂安律(SCフライブルク)を投入。局面の打開を図ったが、後半アディショナルタイムにMF遠藤航(リバプール)のヘディングシュートから1点を返すのが精いっぱいだった。

 試合後、X(旧ツイッター)では「南野の左サイド起用は違う」「無理に南野、久保を共存させる必要はなかった」といった声が飛ぶなど、森保監督の起用法に対して厳しい視線が送られている。

 そんな中、城氏は19日深夜にYouTubeチャンネルを更新。イラク戦の試合内容を振り返る中、浅野の前線1トップ、2列目に南野、久保、FW伊東純也(スタッド・ランス)という並びに「どっちの意図で何をしたいのか、はっきりしなかったという印象。この組み合わせに関して、ちょっと疑問に思うところもある」と、森保監督の狙いが見えなかったと主張。

 「2列目の選手がポジションチェンジをしながら、色々なことをやろうと思っていたけど、そこに対するパスの精度だったりうまくいっていなかったので、リズムが取れなかったという気がする」と分析した上で、「2列目を使いたいのであれば、ボールキープできるような選手を置かないと起点にならないし、浅野にそれを求めるのは難しい」と見解を述べた。

 ただ浅野は昨年10月の国際親善試合カナダ戦でスタメン出場した際、前線で孤立する中、再三にわたりドリブル突破でチャンスを演出。スピードを活かしたスペースへの飛び出しを武器とする中でもポストプレーで自身の成長をアピールしていた。

それだけに城氏の主張に首を捻るファン・サポーターもいるかもしれない。