かつて浦和レッズでプレーしていたDF橋岡大樹は、ベルギー1部シント=トロイデンVV(STVV)の主力選手として活躍も、AFCアジアカップの日本代表メンバーから落選。FW浅野拓磨擁するVfLボーフムからの関心が報じられているが、トルコ移籍の可能性もあるという。

 2021年1月に浦和レッズからSTVVへ移籍した橋岡は、海外挑戦1年目から右サイドバックでレギュラーに定着。昨年7月には「ケルンから獲得オファーが届いている」と報じられたが、ブンデスリーガ挑戦は実現しなかった。ただ今季もここまでベルギー1部リーグでほぼ全試合スタメン出場。安定感抜群のパフォーマンスを発揮しているだけに、昨年12月にはMF金子拓郎擁するクロアチア1部ディナモ・ザグレブ、ギリシャ1部PAOKからの関心が取りざたされている。

 橋岡のステップアップ移籍が期待される中、英メディア『スカイスポーツ』ドイツ版は今月20日にボーフムからの関心を報道。するとトルコメディア『gunebakis』は「トルコ1部トラブゾンスポルは右サイドバックを探しており、橋岡の名前も挙がっている。

移籍金は200万ユーロ(約3億2000万円)」とリポート。ただ当該記事には、ハンブルガーSVのユニフォームを身にまとった元日本代表DF酒井高徳(現ヴィッセル神戸)の写真が掲載されており、信ぴょう性は低いとみられる。

 トラブゾンスポルはトルコ1部リーグを7度制しており、2021/22シーズンにもリーグ優勝。今季もここまで20試合を終えて11勝4分5敗と3位につけているが、首位フェネルバフチェとの勝ち点差は「16」まで広がっている。一方、ボーフムは今季ここまでブンデスリーガ18試合を戦って4勝8分6敗。2部自動降格圏の17位ケルンから勝ち点9差の12位と、残留争いを強いられている。

 なお橋岡は昨年11月、ベルギー紙『Het Belang Van Limburg』のインタビューで「僕が来年1月に移籍するかどうか、誰にも分かりません。僕の夢は、イングランドでプレーすることですね。ドイツ移籍は夢を実現するための足がかりになるかもしれません。ただSTVVでのプレーにも野心を抱いています。このクラブで可能な限り高みを目指したいです」と、ステップアップ移籍への思いを覗かせていた。