かつて柏レイソルでプレーしていたケニア代表FWマイケル・オルンガは、カタール1部アル・ドゥハイルSCでプレーする中、スウェーデン3部AFCエシルストゥーナに買収計画を持ち掛けたが、これを却下された模様。同クラブは、かつてサンフレッチェ広島、ファジアーノ岡山に在籍していたDF高橋壮也の古巣だ。


 オルンガのエシルストゥーナ買収計画は、今月4日にケニアメディア『TUKO』が報道。これによると、オルンガは自身が設立したアカデミーである『マイケル・オルンガ財団アカデミー』を通じて、5000万ケニアシリング(約6000万円)の投資を検討。アカデミー所属選手やスウェーデン国内クラブの選手育成を主な目的に掲げていた。

 しかし、エシルストゥーナは今月15日までにオルンガ側の買収計画案を却下したと公式発表。同クラブは「最初の計画案を検討するには、基本的な情報量が少なすぎる。建設的な話し合いを続けているが、特定の部分で意見が対立しており、合意に達していない」と理由を説明。
交渉のスピードにも不満を抱く一方、「エシルストゥーナは引き続き買収に興味を持つ投資家を探している。ただ希望があれば、マイケル・オルンガ財団アカデミーが交渉のテーブルに戻ることも歓迎する」と、交渉再開に含みを持たせた。

 またケニアメディア『Radio Jambo』によると、エシルストゥーナは50万スウェーデンクローナ(約740万円)の債務を抱えていることにより、トレーニング等で使用している公共施設からの立ち退きに迫られている模様。くわえて、新型コロナ感染拡大による融資として、政府に330万スウェーデンクローナ(約4億9000万円)を返済する必要があるという。

 高橋など、過去に複数の日本人選手を抱えていたエシルストゥーナは、2019シーズンを最後にスウェーデン1部リーグの舞台から遠ざかっており、2023シーズンに2部で最下位に終わり3部降格。今季はここまで11試合を戦って2勝5分4敗と、首位から勝ち点20差の11位に沈んでいる。


 なお『TUKO』によると、オルンガの年俸は195万ポンド(約3億9000万円)と、買収額の6倍以上。純資産は360万ドル(約5億6000万円)と、買収額のおよそ10倍だという。