タイ1部BGパトゥム・ユナイテッドは、サンフレッチェ広島からMF野津田岳人を獲得する一方、タイ代表MFサーラット・ユーイェンを期限付き移籍によりV・ファーレン長崎へ放出する模様。今週中にも公式発表する可能性が高いという。


 現在32歳のサーラットは、身長168cmで右利きのセントラルミッドフィルダー。2020年夏にムアントン・ユナイテッドからパトゥムへ完全移籍すると、加入1年目から中心選手として活躍。2023/24シーズンもリーグ戦21試合のスタメン出場で1ゴール5アシストを挙げたほか、大半の試合でキャプテンマークを巻いていた。

 タイ代表戦でも81試合出場と経験豊富であり、石井正忠監督からも信頼を寄せられているサーラット。今月16日開催のリーグカップ決勝(対ムアントン)で途中出場して優勝に貢献している。

 タイメディア『ボールタイ』が17日に伝えたところによると、本人は試合後のインタビューで「カップ戦で優勝できたことを誇りに思っている。
この優勝トロフィーをサポーターのみんなに贈りたいね」と、ファン・サポーターへ感謝の思いを伝えたとのこと。

 タイ紙『タイラット』は今月15日の時点で「サーラットは長崎へ6か月の期限付き移籍により加入する。一定の条件を満たせば、完全移籍による契約を結ぶことになる」と買い取りオプションの存在を伝えているが、『ボールタイ』も「彼は日本行きにむけて準備を進めている。今月22日に日本へ向かう予定だ」とリポート。早ければ今週中にも両クラブから同選手の移籍について公式発表があるものとみられる。

 パトゥムは2020/21シーズンにタイ1部リーグを制覇。
2022年1月から同年10月まで、元V・ファーレン長崎、ベガルタ仙台監督の手倉森誠氏がチームを率いていたほか、2023/24シーズン開幕前に川崎フロンターレからタイ代表MFチャナティップ・ソングラシンを獲得。しかし今季は、首位ブリーラム・ユナイテッドから勝ち点15差の4位に終わっている。