ユベントス(イタリア1部)が、ボルシア・ドルトムント(ドイツ1部)でプレーするイングランド代表MFジェイドン・サンチョ(22)の獲得に興味を持っているようだ。

 マンチェスター・シティ下部組織出身で2017年に加わったボルシア・ドルトムントでブレイクしたサンチョは、2021年夏にマンチェスター・ユナイテッドへ完全移籍。
昨年9月にエリック・テン・ハグ監督と衝突したことから構想外の扱いを受けると、今冬に古巣のドルトムントへレンタルで加わり、ブンデスリーガ14試合で2ゴール3アシストを記録した。

 イギリス『サン』によれば、ユベントス当初ヘタフェにレンタル移籍中の元イングランド代表FWメイソン・グリーンウッドの獲得に興味を示していたという。しかし、同選手の獲得に向けてファンからの反対により現在は保留状態となっており、関心は下火になっているようだ。

 そのなかで、ユベントスはグリーンウッドへの関心は下火になっており、現在はサンチョの獲得を画策しているとのこと。しかし、ユナイテッドが要求する移籍金4000万ポンド(約79億9000万円)という金額がユベントスの障壁になっており、レンタルを求める可能性もあるようだ。

 なお、サンチョにはクラブのOBであるヌリ・シャヒン氏が新監督に就任するドルトムントも完全移籍への移行を望んでいるとのこと。
その一方で、グリーンウッドにはナポリ(イタリア1部)など複数クラブが目を光らせているようだ。