明治安田J2リーグのジェフユナイテッド千葉(現7位)は、6月22日にカンセキスタジアムとちぎで行われる第21節栃木SC(現19位)との試合に向け囲み取材を行った。

 千葉は第20節徳島ヴォルティス戦にFW小森飛絢の今シーズン10得点目となるゴールで勝利(1-0)。
第18節のファジアーノ岡山戦(2-1)以降、天皇杯を含め公式戦4連勝と好調を維持している。次節の対戦相手である栃木には前回対戦(第8節)で8-0と大勝しており、良いイメージで試合に臨めるはずだ。前節の徳島戦で先制点のきっかけとなるロングシュートを放ったDF佐々木翔悟が取材に応じた。

 この試合でDF鈴木大輔とCBコンビを組み無失点勝利に貢献した佐々木は「チームにやっとスイッチが入ったのかなと思います。徳島戦でも危ないシーンを大輔さんが防いでくれましたが、大輔さんと組むとラインコントロールがもの凄く細かくてキツイ(笑)。その代わり、相手FWの動きが制限されたり、自分たちもボールを回収できるようになるので、その動きに喰らいついていきたいです。
自分もラインコントロールの部分はチャレンジしていますし、守備では自分にも出来ることがもっとあるはずだと思っています」とコメント。

 さらに、自身の武器であるキックについては「ロングシュートもチャンスがあれば狙いたいですが、それだけではなくて、もっと相手を押し込んで崩すことも必要だと思う。以前よりロングボールを警戒されているなかで、少し蹴りすぎている感覚がある。自分はパスが一回通らなくても、もう一回チャレンジしてしまうので、もう少し遊びのあるパスや精度を上げることでパスミスを減らしていきたいです」と語り、相手チームに警戒されるなかで自身の武器を活かすための試行錯誤を繰り返していくようだ。