明治安田J2リーグのジェフユナイテッド千葉(現7位)は、6月22日にカンセキスタジアムとちぎで行われる第21節栃木SC(現19位)との試合に向け囲み取材を行った。

 千葉は第20節徳島ヴォルティス戦にFW小森飛絢の今シーズン10得点目となるゴールで勝利(1-0)。
第18節のファジアーノ岡山戦(2-1)以降、天皇杯を含め公式戦4連勝と好調を維持している。次節の対戦相手である栃木には前回対戦(第8節)で8-0と大勝しており、良いイメージで試合に臨めるはずだ。前節の徳島戦でクロスから何度もチャンスメイクに絡んでいたFW高木俊幸は「生意気ですが、これくらいをスタンダードにしていきたいです」と自身を冷静に評価した。

 「一つ一つの積み上げによって失っていた自信を取り戻せてきている。身体能力は落ちてきているかもしれませんが、どこの場面でそれを効果的に発揮するかが課題。Jリーガーとして長い間培ってきたものと、それを組み合わせればより怖い選手になれると思う」

 次戦について「栃木は長いボールを蹴ってきてジェフがやりにくいサッカーをしてくると思うので、後ろの選手の配給に注意したい。
前回対戦の結果もありますが緩さを出してはいけないし、相手はやり返すつもりでくるはず」とモチベーションの高い相手を警戒した。

 第18節のファジアーノ岡山戦(2-1)で2024シーズンにおけるリーグ戦初スタメンを飾り、そこから徐々に調子を上げている高木。リーグ戦でも数字という形の結果を掴み取り、自他共に認めるパフォーマンスを発揮できるか注目だ。