日本初上陸の“白い”パーティー「ディネ・アン・ブラン」開催!全身白を纏った参加者が聖徳記念絵画館に集結

日本初上陸の“白い”パーティー「ディネ・アン・ブラン」開催!全身白を纏った参加者が聖徳記念絵画館に集結
ドレスコードは“白”、日本初上陸のディナーパーティ「ディネ・アン・ブラン(Diner en Blanc)」
フランス発祥の“世界一優雅なシークレット・ディナー・パーティ”と称される「ディネ・アン・ブラン(Diner en Blanc)」が10月3日、ついに日本で開催された。

「ディネ・アン・ブラン」とは、約25年前にパリでスタートしたディナー・パーティで、参加者にはいくつかのルールが課せられる。1つ目は、“白”のドレスコードに従い、靴やアクセサリーにいたるまですべて色を統一させること。もちろん、色以外の規制はなく、それぞれが自由にコーディネートすることができるため、会場に現れた参加者たちは、誰もが存分に個性を発揮。ある人はウェディングドレスから美しいデコルテをのぞかせ、またある人は仕立てのいい着物でノーブルな雰囲気を纏って周囲の目をひいていた。

そして2つ目のルールは、参加者自らがディナー・パーティに必要なものすべてを持参すること。無論、料理やお酒のみではなく、食器や椅子にいたるまでのすべて持参。

こうしたルールが設定された理由は、「ディネ・アン・ブラン」の誕生秘話に由来する。「ディネ・アン・ブラン」が誕生したのは98年のこと。数年ぶりに海外からパリに戻ったフランソワ・パスキエなる人物が、友人たちとの久々の再開を楽しむためにパーティを企画したのだが、参加希望者があまりにも多かったため、会場をブローニュの森にして、お互いに分かりやすいように白い服を着て集まろうと提案したのだ。いうまでもなく、森の中でパーティを楽しもうとすれば、料理やカトラリーは持参必須。こうして、世にも珍しいパーティのコンセプトが生まれたというわけだ。

あわせて読みたい

気になるキーワード

FASHION HEADLINEの記事をもっと見る 2015年10月6日のファッション記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ファッションニュースアクセスランキング

ファッションランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目のファッションイベントやおしゃれスポット情報などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら