バリーの新クリエイティブ・ディレクターにルイージ・ビラセノールが就任

バリーの新クリエイティブ・ディレクターにルイージ・ビラセノールが就任
拡大する(全1枚)
2022年1月18日、スイスのラグジュアリーブランドBally(バリー)は、Rhuigi Villaseñor(ルイージ・ビラセノール)をクリエイティブ・ディレクターに任命したことを発表いたします。

ビラセノールは新たなクリエイティブ・ディレクターとして、ブランド全体のアーティスティック・ディレクションを統括します。バリーでの初コレクションは、2023年春夏シーズンに発表される予定です。

バリーの新クリエイティブ・ディレクターにルイージ・ビラセノー...の画像はこちら >>

マニラで生まれたルイージ・ビラセノールは、Rhude(ルード)の創設者であり、同ブランドのCEO、そしてクリエイティブ・ディレクターを2015年より務めています。ビラセノールはロサンゼルスでキャリアをスタートさせ、彼のデザインへの情熱や衣服の構造に対する理解は、テーラーの母と建築家の父のもとで培われたと考えています。

フィリピンとアメリカの国籍をもち、9歳でアメリカに移住するまで幾つかの大陸で育った彼は、現在もっとも有望なファッションタレントの一人とみなされています。世界中のセレブリティから熱望されるレディ・トゥ・ウエアやアクセサリーのビジネスでビラセノールは実に様々なオーディエンスにリーチし、ホームウエアや自動車などのライフスタイル関連の提携を通じてその勢いを増しています。

ビラセノールは現代のワードローブを独自に再解釈するにあたり、アメリカの象徴的な要素を参考にしながらも、外国のレンズを通して憧れのカルチャーをつぶさに観察した子供時代を思い起こさせるノスタルジーを取り入れ、ラグジュアリーなテクニックにストリートウエアの要素を融合した作品を生み出しています。ビラセノールはロサンゼルスとスイスを拠点とする予定です。

企業プレスリリース詳細へ

本記事に掲載しているプレスリリースは、株式会社PR TIMESから提供を受けた企業等のプレスリリースを原文のまま掲載しています。FASHION HEADLINEが、掲載している製品やサービスを推奨したり、プレスリリースの内容を保証したりするものではございません。掲載内容に関するお問い合わせは、株式会社PR TIMES(https://prtimes.jp/)まで直接ご連絡ください。
編集部おすすめ
FASHION HEADLINEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

ファッションニュースランキング

ファッションランキングをもっと見る
お買いものリンク