クリストとジャンヌ=クロード、約3,000本の傘を使った作品「アンブレラ」を回顧する展覧会

クリストとジャンヌ=クロード、約3,000本の傘を使った作品「アンブレラ」を回顧する展覧会
「アンブレラ 日本とアメリカ合衆国のジョイント・プロジェクト」1991年 2枚組のドローイング
景観を変貌させる大規模なプロジェクトで有名なニューヨーク在住のアーティスト、クリストとジャンヌ=クロードの作品「アンブレラ」のドキュメンテーション展が、茨城県の水戸芸術館にて12月4日まで開催されている。

クリストとジャンヌ=クロードによる「アンブレラ」は、1991年秋にアメリカ・カリフォルニア州南部と茨城県北部で実施された“一時的なアート作品”。カリフォルニアの丘陵地帯に1,760本の黄色の傘を、茨城県の水田地帯に1,340本の青色の傘を同時に配置した壮大な作品で、18日間の会期中に日本で50万人、アメリカで200万人が鑑賞した。

同展では、クリストによるドローイングやコラージュ作品、写真、傘本体の他、実際に使用された資材、スケールモデルなどが展示され、1991年の「アンブレラ」を振り返る。また、同展と同時期に「アンブレラ」の日本側舞台となった常陸太田市、日立市、旧里美村を含む茨城県北6市町で茨城県初の国際芸術祭が開催中。国内外の優れたアーティストが県北地域の歴史や文化、食、伝統工芸といった創造的な地域資源と出会うことで誕生した約100の作品やプロジェクトが楽しめる。

【展覧会情報】
「クリストとジャンヌ=クロード アンブレラ 日本=アメリカ合衆国1984-91」
会場:水戸芸術館現代美術ギャラリー
住所:茨城県水戸市五軒町1-6-8
会期:10月1日~12月4日
時間:9:30~18:00
休館日:月曜日
入場料:一般800円、団体(20名以上)600円
中学生以下・65歳以上・障害者手帳を持つ方と付き添いの方1名は無料

【芸術祭情報】
「KENPOKU ART 2016 茨城県北芸術祭」
開催地:日立市、高萩市、北茨城市、常陸太田市、常陸大宮市、大子町
会期:9月17日~11月20日

あわせて読みたい

FASHION HEADLINEの記事をもっと見る 2016年10月29日のファッション記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ファッションニュースアクセスランキング

ファッションランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目のファッションイベントやおしゃれスポット情報などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。